リフォーム特集

意味

もともと、リフォーム (reform)とは、英語の 「改心する、改正する」という意味で、広く言うと「作り直す」の意味であるらしく、居住中の住宅に内外装の改装をするという和製英語らしいです。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

リフォーム需要の変化

ここで、私たちがリフォームしようかそれとも、新築しようかと考えるきっかけを考えてみると、やはり住宅が痛んだり汚れたりしたのでリフォームで修繕しようかと考えることが殆どではないでしょうか?当然、家族形態が変わるときに部屋を増やしたり、二世帯に変えたり、逆に人数が減るときは、部屋数を減らして一部屋を広くしたり、マンションに変わろうか等といろいろ考えるものです。普段生活している住宅への不満や快適生活への願望などから変化を求めようとする。それに加え、今は省エネに対する意識が強くなっていることや、高齢化社会等のライフスタイルの変化等も大きく影響しているのではないかと思います。そこで、行政のバックアップや、機能の良い住設機器等も出ていて新築かリフォームかと考えたとき予算面でも比較できるようになってきたので需要も伸びつつあるのではないかと思います。

東急リバブルのFacebookページ
最新ニュースなどを更新中

リフォームの法律

さて、どうしてもリフォームするにあたって、法律が関わってくるものです。ここで、リフォームの法律に少し触れてみようと思います。新築や住宅リフォームにはいくつかの法律があるようで、建築基準法、建築業法、区分所有法、品確法、民法の「瑕疵担保責任」、既存住宅の性能表示制度/既存住宅保証制度、住生活基本法、特定商取引法と消費者契約法、消防法、廃棄物処理法、建築リサイクル法等のようです。

建築基準法や建築業法などは、大規模なリフォーム工事か小規模なリフォーム工事か、また工事金額や延べ床面積などにより、許可が必要かどうかが変わってくるようです。リフォームする場合は各法律の概要を把握しながら業者の方に相談するといいと思います。