リフォーム特集

Home » どこの住宅リフォームか » 戸建住宅のリフォーム出来るところ

戸建住宅のリフォーム出来るところ

さて具体的にリフォームできることと、できないことを述べてみようと思います。まず、リフォームできることとして、間取りの変更は、先ほど述べたように、2室を1室に広げることやキッチンの位置を変えることなどができます。ただし壁を撤去する場合は、耐力壁であれば耐震対策が必要になります。また、水まわりでは、キッチンやトイレや浴室などの移動や増設をすることができます。なのでもしも、2階にもトイレが欲しい場合や二世帯で住むためにキッチン等の水まわりを2階にも作りたい場合でも、対応することができるようです。また、役所への建築確認申請は必要ですが、階段を移動して家全体の間取りを大きく変えることもできます。そうすることで1階の部屋が広くなったり、日当りや風通しが良くなったりすることがあるようです。窓の移動や増設をすることも、採光を増やしたいときや勝手口が欲しいなどで、窓やドアの移動や増設が必要な場合には、間取り変更と同じように壁補強が必要になりますができるようです。またIHクッキングヒーターや床暖房などは人気ですが、これは200Vの電圧が必要になります。それを、高電圧設備に交換することができます。コンセントやスイッチは壁をはがして中に配線する工事が必要ですが、増設できます。さらに、増築や平屋建てを2階建てにしたり、吹き抜けを設けたりなどの構造に関わる大規模リフォームもすることもできます。このように、戸建の住宅をリフォームできることは、補強や届・申請も必要ですが意外とあることに気づきました。

カルシウムについて知りたい方はこれをチェック
カルシウムの情報サイトです

毎日の健康のために有益なDHA EPA情報がここにあります。