リフォーム特集

Home » どこの住宅リフォームか » 設備の移動も出来る

設備の移動も出来る

マンションでも距離が長くなければ、キッチンなど水まわりの設備を移動することができます。また、電気式のエコキュートやガス式のエコジョーズなど、省エネで高性能な給湯器が注目されていますが、これもマンションでも、設置するスペースがあれば、機器の大きさや管理規約を確認したうえで、今の給湯器を省エネタイプ・大容量タイプに替えることができるようです。床音をめぐるトラブルを防ぐ目的で管理規約で床材料の遮音性能を定めているマンションが多いのですが、管理規約に合えば、床材をフローリングなどに交換することができます。壁と壁の間や天井裏のスペースに配線を通す工事が必要になりますが、コンセントや照明の増設やエアコンの新設など、電気機器の増設や新設をすることできるようです。しかし、窓・サッシの交換は共用部とみなされるため、出来ないのですが、窓ガラスや網戸、戸車、錠は窓の内側は専有部となり、交換することや、窓の内側に新しい窓を取り付けることができます。

乳酸菌の効果や効能について

GMOクラウド
http://gmocloud.com/

健康な毎日のために
亜鉛のサイト(URL)