リフォーム特集

Home » 環境をふまえてのリフォーム

環境をふまえてのリフォーム

さて実際にリフォームをしたいと思っても、「一体何からすればいいのか、わからない」しはじめてなので不安ということは、誰しも思うことではないでしょうか。法律の面も考えながら、また人それぞれ生活環境は違うものだし、今の家族構成や後々の家族構成を考えてなど様々です。住居は1つの環境づくりのようなものなので、しっかりと検討していくものでしょう。ここで、新築にするか、リフォームにするかですが、予算面等もあるかと思うので、良く比較するべきだと思いますが、今回はリフォーム中心に書いていこうと思います。

住宅エコポイントの利用

不動産市場はここ、最近は、少しずつ回復してきているということを知りあいに聞きました。リフォームでも、今、注目されているのが、住宅エコポイントなのではないでしょうか?この住宅リフォームの人気はリフォーム関連のテレビ番組の影響もかなりあると思いますが、それに加え、耐震・断熱・バリアリーフなどへの補助金制度があったり、省エネリフォームに対する住宅エコポイントがあることも人気の要因であると思います。それも、びっくりなことに、住宅エコポイント制度も震災の影響もあるようで、受け付け開始期間が、平成23年12月31日まで着工された工事が対象だったのが5か月間も縮まり7月31日までになりました。このことからもリフォーム人気が高まりつつあることがわかります。例えば、住宅エコポイントの例を少しあげてみると、窓1ヶ所からでも申請できるエコリフォーム(断熱改修工事)は、1戸あたり最大30万ポイントのエコポイントがもらえるようです。具体的には[1]窓を断熱改修する。もしくは、[2]外壁・屋根・天井、床を断熱改修する。または[1]窓の断熱改修と[2]外壁・屋根・天井、床を断熱改修とあわせて[3]バリアフリー工事を実施する。とポイントが加算されます。また、[4]住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)や節水型便器、高断熱浴槽をつけること等が対象になるようです。窓を断熱改修する内容には、内窓を設置する方法や障子を交換する方法、ガラスのみを複層ガラスに変更する方法などがあるようです。しかも、太陽光発電を設置すると国の補助金が受けられます。このような、補助金制度もあり、住宅エコポイントの期間も間近に迫っているので考えてみるのも良いかもしれませんね。

健康のために必要なヒアルロン酸の情報サイト