リフォーム特集

Home » 環境をふまえてのリフォーム » 区分所有法について

区分所有法について

ここで法律について触れましたが、マンションは戸建と違って複数の家族が集まって、生活しているため、権利関係や、管理運営面で勝手にリフォーム出来ません。この法律を、区分所有法といいます。

亜鉛の情報サイトはこれ

ちょっとマンションの区分所有法の例をあげてみることにします。「○」と「×」で表してみると、まず、玄関ドアの外側は共用部分になり「×」ですが、内側は専有部分なので「○」になります。窓サッシの交換は「×」になります。また、ガーデニングやベランダは、避難用通路なら「○」になります。パイプスペースを移動することは「×」になり、床下収納を新設することも「×」とマンションのリフォームは意外と限られるものであります。また、戸建住宅でも、今の家に手を加えるため新築ではできても、リフォームではできないこともあります。たとえば、木造2階建て住宅の場合は比較的自由にリフォームすることができます。しかし構造に関することや法的規制に反することなどはできません。具体的には間取りの変更などは、2室を1室に広げることやキッチンの位置を変えるなどはできます。しかし、壁を撤去する場合は、その壁が耐力壁(筋交などが入っている)であるかの確認が必要です。もし耐力壁であるときは、他の壁を補強したり、梁を補強するなどの耐震対策が必要です。

健康のために亜鉛について知りましょう。

このサイトならグルコサミンの成分情報などを知る事ができます。