リフォーム特集

Home » 環境をふまえてのリフォーム » ペット共生リフォームとは

ペット共生リフォームとは

ペットブームの影響と住宅状況の変化に伴いリフォーム業界も変わってきているようです。ペット共生リフォームという言葉があるようですが、言葉どうりペットと共に快適に生活できるようにリフォームすることのようです。前にも、述べたように、人々がペットと共に生活をする形態は変わってきました。これは具体的にみてみると、住宅事情がマンションの増加に伴い、外でペットを飼うことが難しくなったことや、戸建住宅は昔に比べると、リビングルームなどが充実した間取りが増えたため、ペットを室内で飼いやすくなったためともいえるようです。また、車が普及するに伴って、ペットの交通事故も増えてきています。昔は犬は外で番犬として飼うことが、一般的だったが、今ではペットを屋内で飼う習慣が大幅に増えています。ただ人と動物が共に生活していくには、どうしてもいくつかの問題が出てきます。特にアレルギーなどに関するダニの問題はあります。ダニが発生しやすいカーペットは、少なくなり、フローリングに変わり始めたと思います。我が家も一部屋の和室以外はフローリングになっていますが、確かにフローリングは掃除もかなり楽で、メンテナンスも簡単なため、人気は高いと思います。ただこのフローリングがペットにとってはというと、まず滑る、堅い、冷たい、足を痛める、というケースも多いため危険度も高くなっているようです。我が家の犬も、よくフローリングで滑っていて気を使っていました。老犬になると、視力の低下や、平衡感覚の衰え、脚が弱くなるなどで、何でもないところでもつまずいたりするので尚更注意が必要です。

健康のために必要なマルチビタミンの情報サイト

床材はどのような物が良いのか

フローリングはメンテナンスと掃除がとても簡単で便利だが、ペットにとっては問題があることは、分かりました。そこでどんな床材が適しているのかと考えると、まずダニなどの問題から、クリーニングが可能で部分交換が可能な床材であることが一番に考えられます。それに加え、ペットのケガの大半がフローリング上での転倒よることのようなので、滑りにくい床材であり、クッション性があり、衝撃吸収に富む床材であることが大切で、また、耐久性に富んでいて、アレルゲン対策に寄与する床材がいいと考えられます。それを総称していいのはタイルカーペットが最適な床材と言われているようです。さらに言えばそのタイルカーペットの中でも、自宅でクリーニングが可能であり、爪が引っかからないものがカットパイルで、具体的には耐久性に優れているナイロンであること、ファズが発生していないフィラメント系であること、嘔吐物による黄変に強い原色染めであること、全厚が厚いこと、パイルが高密度であることが一番良い床材のようです。それに加え、壁紙は表面強化タイプで、表面強化基準と汚れ防止基準をクリアしたものが良いみたいで、以外にもビニール壁紙は猫の爪とぎに誘惑するので向かないようです。

ローズの天然成分の効果などの情報サイト

核酸の天然成分の効果などの情報サイト