リフォーム特集

Home » 環境をふまえてのリフォーム » 食器洗浄乾燥機は節水できる

食器洗浄乾燥機は節水できる

食器洗浄乾燥機はまず、60〜70℃の湯温で洗うので、手洗いでは不可能な熱湯消毒ができて衛生的です。我が家も使っていますが、水の使用量も大幅に節約できます。ただ、並べ方だけ注意が必要で、食洗機は汚れた面に水を当てて汚れを落とすので、決められたとおりに食器を並べないと洗えません。使わない時でも収納の一部にも利用でき、便利だと思います。

デザインと素材

デザインとしては、リビングから全体を見渡せるようなキッチンの場合はコーディネートという発想で、例えば、リビングのドアが木目柄なら、キッチンの扉も木目柄にしたり、ドアが濃い色なのでキッチンも濃くすると暗くなってしまう場合は、扉を壁のクロスに近い白系統にすれば、インテリアに調和して明るい空間になります。工夫してLDK空間の一部としてコーディネートさせるデザインは良いみたいです。また素材を選ぶ時は、比較的気軽に拭き掃除ができたり、傷はついても目立ちにくいもの、傷が付いたら補修しやすいものするのが良いみたいで、扉はシートを張ったもの、シンクはステンレスか人口大理石が一般的のようです。キッチンをリフォームすることによって、「狭くて動きづらい」「食器がしまいにくい」などの不満が解消でき、また、子どもの顔を見ながら料理したい、母と2人で料理したい、来客にキッチンを自慢したい、などライフスタイルにあわせて要望が実現できるといいと思います。